1 履 歴
フリガナ タツモト ミカ 性別


 - 年 - 月 - 日
氏名 達本 美香 女性
ローマ字
氏名
TATSUMOTO Mika
所属 商学部 職名 教授
HPアドレス  
メールアドレス  
最終学歴・学位  2011年7月
PhD, Applied Linguistics, The University of Birmingham (UK)
 系・分野・分科・細目表
 
分野  
分科  
細目  
フリーキーワード  Applied Linguistics, Educational Psychology, Education

 2 学歴・学位
年月

事     項

1991年12月 MA, School of Education (TESOL), California Lutheran University (USA)
2011年7月 PhD, Applied Linguistics, The University of Birmingham (UK)

 3 職 歴
年月

事     項


 5 研究分野・内容
 5-1 研究分野・内容(記述式:350字以内)
Motivation及びその関連要素についての研究を中心としている。教育心理学、教育学、第2言語習得論。
 5-2 研究課題(今後の展開・可能性を含む)(記述式:350字以内)
 5-3 研究助成等
区分 年月 名称・題目・機関名等
 5-4 資格・特許等
年月 名称

 6 研究業績
 年度  種類  
種類 著書、学術論文、テーマ等の名称 単著、
共著等の別
発行又は
発表の年月
発行又は発表
雑誌等又は発表
学会等の名称
該当頁 PDF
著書:翻訳書 世界の偏見と差別: 152のアンソロジー 共著 1996年3月 明石書店 242-307  
 表示
要旨:世界中の国々で実際に起こっている偏見や差別の実態について書かれた152に及ぶ文献の翻訳書。
参照リンク:
著書:その他 American Trends & Tradition 共著 1995年3月 出版文化社 1-93  
 表示
要旨:アメリカ文化を日常的な視点から捕らえ分かり易い文章にした英文読解用テキスト。内容把握力及び読解力を養いながらアメリカ文化を身近なものとして学ぶことを目的としたテキスト。
参照リンク:
著書:その他 Americans Face Their Problems 共著 1994年1月 金星堂 1-106  
 表示
要旨:アメリカの社会問題を日常的な視点から捕らえ分かり易いストーリーにした英文読解用テキスト。内容把握力及び読解力を養いながらアメリカの社会問題を身近なものとして学ぶことを目的としたテキスト。
参照リンク:
学術論文 About emotional intelligence instruction for low-achieving L2 learners 単著 2020年7月 名古屋学院大学論集 人文・自然科学篇 第57巻 第1号 31-39
 表示
要旨:  Emotional intelligence (EI) has recently been a visible research focus in the fields of education and language learning. Furthermore, relationships between EI and achievement/motivation in L2 (English as a second/foreign language) learning have also drawn researchers・attention. Importantly, the researchers have recommended EI instruction/practice in L2 classrooms for students・success. However, EI seems not to be a set of simple skills to acquire, in particular for low-achieving L2 learners. This paper discusses some issues of using EI instruction and/or training for low achievers, notably in L2 classrooms.
参照リンク:
学術論文 An attempt at the use of smartphones and a You Tube video clip: An exploration of an EFL listening lesson in a university in Japan 単著 2019年3月 名古屋学院大学論集 言語・文化篇 第30巻 第2号 19-29
 表示
要旨:  This paper discusses a pilot study of an attempt to use an authentic material in an EFL listening lesson. A You Tube video clip and smartphones were used for the lesson. The subjects in the pilot lesson were freshmen in a non-language-related faculty in a university in Japan. Twenty two students were involved in this pilot study which was administered in the fall semester in 2018. The main aim of the pilot study was to serve as a pre-test and to observe whether the use of smartphones and the You Tube video clip was appropriate for the lesson in terms of drawing low-achieving and/or reluctant students’ attention towards the lesson, and checking the level of English of the video. The aim of the pilot study also included accumulating qualitative data as a foundation for creating questionnaires for improving/evaluating similar lessons/materials in the future.
参照リンク:
学術論文 Concerns about Vagueness of Japanese Students: Possible Effects on their Answers as Informants in Questionnaires and/or Interviews 単著 2017年3月 名古屋学院大学論集 言語・文化篇 第28巻 第2号  153-158
 表示
要旨:  In this paper I discuss how vagueness of expression among Japanese students might affect research data/results, in particular regarding their responses to questionnaires/interviews. In the first section, some examples of the vagueness are described and discussed, and the second section considers how Japanese culture is related to such vagueness. In the final section, I discuss the necessity of being cautious about possible impreciseness of answers from Japanese informants.
参照リンク:
学術論文 Links between Levels of English, Expectancy and Motivation: Understanding Demotivation among Low-Achieving EFL Students in Japanese Colleges and Universities 単著 2015年3月 名古屋学院大学論集 言語・文化篇 第26巻 第2号 97-106  
 表示
要旨:  When we look at the background of low-achieving EFL students in Japanese universities or colleges, their low expectancy in the classroom seems to be a crucial factor leading to their demotivation. This paper deals with rationales regarding the importance of expectancy, and the relationship between low levels of English and expectancy, and also the relationship between expectancy and motivation. Low-achievers usually have a long history of unpleasant experiences in the classroom before enrolling their universities, and the undesirable impact of their past achievement on their expectancy, as well as on motivation, could be massive. However, considering the rationales of the relationships, we can see a possibility that their motivation can be improved if they have controllable experiences to enable them to believe that they can do class work well when making effort, even with some support.
Keywords: expectancy, demotivation, Japanese university students, low-achievers, EFL/ESL
参照リンク:
学術論文 Lack of studies on expectancy and motivation for low-achieving L2 students in Japanese school contexts 単著 2014年3月 名古屋学院大学論集 言語・文化篇 25-2  
 表示
要旨:ExpectancyとMotivationの関係に関する研究は、第二言語習得論の分野において十分に研究されているとは言えない状況にある。特に、日本の学校教育の中で英語を苦手とする学習者を対象としたものは限られている。本稿では、こういった学習者を対象とした研究の必要性について関連研究を交えながら論じている。
参照リンク:
学術論文 Japanese school education: Problems which may lead to low expectancy in the EFL classroom 単著 2013年3月 名古屋学院大学論集 言語・文化篇 24-2 177-185  
 表示
要旨:今日、日本の高等学校及び大学の英語の授業において、学習意欲を持たない学生が、研究者や教員の間で問題視されている。こういった学生の過去の経緯を考察すると、彼らが受けてきた学校教育(英語の授業を含む)に、その原因があるように思われる。本稿では、授業で与えられた課題を上手く達成できるかどうかの「期待度」の低さを学習意欲低下の要因の一つと捉え、彼らが受けてきた教育がどのような形で「期待度」及び「学習意欲」に影響を与えてきたかを論じている。特に、大学入試や文部科学省によるカリキュラム及び英語の授業への影響、さらに、これらが学生へ与える影響を中心に論じている。
参照リンク:
学術論文 Perceived Effects of Peer Cooperation on Motivation in the Japanese University EFL Classroom. Doctoral dissertation 単著 2011年7月 The University of Birmingham  
 表示
要旨:The main aim of this study was to explore whether or not low achievers in EFL at a Japanese university perceive peer cooperation in cooperative learning contexts to be effective in improving their levels of expectancy, motivation and ultimate attainment in the L2. The main findings in this study pertain to the relationship between peer cooperation and L2 classroom motivation. The relationship involved several perceived routes which mainly indicated that the learners felt that peer cooperation had had a positive influence on their levels of motivation.

The perceived routes liking peer cooperation to motivation can be roughly divided into two types; 1) the two routes which were mainly focused on in this study: through expectancy alone or a combination of levels of English and expectancy; and 2) other routes identified during the course of the study: through group cohesion and/or cohesion-generated factors related to status ordering or hierarchy among students (feelings of superiority/inferiority to their peers).
参照リンク:
学術論文 Studies of Motivational Factors in Cooperative Learning: A Review of Methods and Findings 単著 2006年7月 名学大論集 人文・自然科学篇 43-1  
 表示
要旨:Cooperative Learning(CL)にはMotivationを高めるための要素が数多く存在すると考えられている。しかしながら、これらの要素を扱った研究を詳細に分析すると、必ずしも全ての要素が安定した形で存在するわけではない。この原因を探るため、この種の研究の手法に関して、特に重要と考えられる点を3つに絞り、比較分析を試みた。本稿では、expectancy of success (locus of control), peer norms, group cohesion, peer cooperationの4要素に関するCL研究の分析を行った。
参照リンク:
学術論文 Non-Cognitive Outcomes of Cooperative Learning: Inconsistent Findings 単著 2006年3月 名学大論集 言語・文化篇 17-2  
 表示
要旨:Cooperative Learning(CL)はMotivationを高める上で有効な教授法と考えられているが、本稿では、その要因として注目されているもののうち、Self-esteemとSatisfactionの2要素に関するCL研究を分析し、その安定性について考察している。
参照リンク:
学術論文 Students’ Expectancy of Success and Cooperative Learning in the Context of Language Learning 単著 2006年1月 名学大論集 人文・自然科学篇 42-2  
 表示
要旨:本稿では、第二言語・外国語学習(L2 Learning)の分野においてCooperative Learningを使用した場合、「(学習者が持つ)学習が成功する期待度」(Expectancy of Success)が、学習の到達度を向上させる点において、いかに重要であるかについて論じている。
参照リンク:
学術論文 Cultual Issues Inolved in Implementing Cooperative Approaches in L2 Learning Contexts 単著 2005年3月 名学大論集 言語・文化篇 16-2  
 表示
要旨: 外国語及び第二言語学習クラスにおいて、学習者の文化的背景への配慮は、クラスを運営する上で重要な要素の1つである。特に、グループワーク形式の授業においては、学習者の「自主性」と「学習者同士による意見交換」が要求されるが、アジア人学生は一般に「相手の体面を傷つけない」「ミスを犯すことを恐れる」といった傾向が欧米人学生に比べて強いため、この形式の授業には向かないと考えられがちである。
 本稿では、このように「アジア人」と一括りにしてしまうことの危険性を、アジア諸国間の文化的相違や授業での対応策の違い等を例に挙げながら論じている。
参照リンク:
学術論文 Rethinking the Role of Theoretical Background of Cooperative Language Learning 単著 2005年1月 名学大論集 人文・自然科学篇 41-2  
 表示
要旨:母国語以外の言語を学習するクラスにおいてCooperative (or Collaborative) Learningと呼ばれる授業形式が、なぜ他の授業形式と比べて学習効果が高いのかを理論的に解明しようと様々な試みがなされてきた。本稿では、この解明のために使われた理論を検証し、その弱点的要素の分析を試みた。
参照リンク:
学術論文 Is Cooperative Learning Effective for Japanese EFL Learners? 単著 2003年7月 名学大論集 人文・自然科学篇 40-1  
 表示
要旨:日本人学生は、Cooperative Learning (CL)に必要とされる基礎的スキル(自主性等)が欠如しがちであると考えられている。しかしながら、調和や協調性を重んじる日本文化や、その影響を受けた学校教育は、CLの基礎スキルを養う要素を備えている可能性がある。本稿では、この点を理論的に検証した。
参照リンク:
学術論文 Origins of Unwillingness of Japanese College Students in EFL Classes 単著 2000年10月 名学大論集 言語・文化篇 12-1  
 表示
要旨:日本の大学では、英語に対する学習意欲が欠如した学生が少なからず存在している。本稿では、その原因を、彼らが受けてきた教育及びその背景的要素から分析している。
参照リンク:
学術論文 グループ学習法による学習意欲向上の方略研究 単著 2000年1月 名学大論集 人文・自然科学篇 36-2  
 表示
要旨:Cooperative Learningと呼ばれる教授法は、理論上、日本人学生の学習意欲の向上に有効と思われる。本稿では、この教授法が、実際の英語の授業で有効かどうかをパイロット的に検証している。
参照リンク:
学術論文 Motivation and Cooperative Learning 単著 1999年1月 名学大論集 人文・自然科学篇 35-2  
 表示
要旨:Cooperative Learningと呼ばれる教授法と学習意欲の関連性を、5つの要素から分析し、その有効性について検証した論文。
参照リンク:
学術論文 英語リスニングクラスにおける教授法の研究 単著 1995年3月 「帝塚山論集」第82号  
 表示
要旨:Cooperative Learningと呼ばれる教授法の有効性を、日本人学生のリスニング力の向上及び発音の習得に関して検証した論文。
参照リンク:
学術論文 Sexism in Language: A Cross-Cultural Analysis 単著 1994年8月 「帝塚山大学教養学部紀要」第38輯  
 表示
要旨:性差別がどのような形で言語の中に存在し、どういった影響を人々に与えているのかを日米の比較という観点から考察した論文。
参照リンク:
学術論文 The Influence of Moral Education on Japanese School Children 単著 1993年7月 「帝塚山大学教養学部紀要」第34輯  
 表示
要旨:日本の学校教育で行われている道徳教育の影響について、日米の比較という観点から、子供達が学校で過ごす時間、家での勉強時間、青少年問題の違い等を交えながら、その利点について論じている。
参照リンク:
学術論文 English Writing Skills: Writing Development of Japanese Students in the United States. Master's thesis 単著 1991年12月 California Lutheran University  
 表示
要旨:本稿では、日本人学生が、米国の大学で小論文を書く際に抱える問題に焦点をあて、米国人教員用マニュアルを作成、又その検証を行っている。
参照リンク:
学術論文:研究ノート グループ学習法による授業 単著 2001年3月 名学大外国語教育紀要 No.31(研究ノート)  
 表示
要旨:学習意欲の向上を目的に、Cooperative Learningと呼ばれる教授法を基に考案された英語の授業の一例を解説したもの。
参照リンク:
口頭発表:研究発表 グループ学習によるリスニングの指導 単独 1995年10月 大学英語教育学会  
 表示
要旨:リスニングの授業において効果的な授業法とは何かという観点から、教材と授業法について実例を交えながらその提案を発表。
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Strategies for Teaching Writing to Japanese Students 単独 1992年11月 Los Angeles Area Regional CATESOL Conference  
 表示
要旨:米国の大学で小論文の書き方を学ぶ際に、日本人学生が抱える問題点を指摘し、教授する側がその問題点をどのように解決すべきかについて発表。
参照リンク:

 8 学外活動
 8-1 本学以外の機関(公的機関・民間団体等)を通 しての活動
就任年月 退任年月 機関名、役職名等
 8-2 学会・学術団体等の活動
種類 就任、受賞等年月 退任年月 内容(学会・団体名、受賞名、役職名等)

.