1 履 歴
フリガナ マツバラ カツマサ 性別


 - 年 - 月 - 日
氏名 松原 克正 男性
ローマ字
氏名
所属 経済学部 職名 講師
HPアドレス  
メールアドレス  
最終学歴・学位  -
 系・分野・分科・細目表
 
分野  
分科  
細目  
フリーキーワード  

 2 学歴・学位
年月

事     項


 3 職 歴
年月

事     項


 5 研究分野・内容
 5-1 研究分野・内容(記述式:350字以内)
 5-2 研究課題(今後の展開・可能性を含む)(記述式:350字以内)
 5-3 研究助成等
区分 年月 名称・題目・機関名等
 5-4 資格・特許等
年月 名称

 6 研究業績
 年度  種類  
種類 著書、学術論文、テーマ等の名称 単著、
共著等の別
発行又は
発表の年月
発行又は発表
雑誌等又は発表
学会等の名称
該当頁 PDF
口頭発表:研究発表 予想・信認と金融政策の効果について 単独 2001年11月 日本金融学会中部部会(名城大学)  
 表示
要旨: 1999年初頭以降の長期金利の急騰をきっかけに、長期買い切りオペの増大を求める声が高まっている。ここでは(1)長期金利を下げることが可能か、(2)長期買い切りオペの増大は好ましいかという点を検証した。それにより、(1)に関しては不可能あるいは好ましくないということ、(2)に関しては(1)の結果にも関わらず、財政政策と組み合わせるならば好ましい場合があることが明らかになった。
参照リンク:
口頭発表:研究発表 金融空洞化の問題点と対策 単独 1996年3月 金融学会中部部会(中京大学)  
 表示
要旨: 東京資本市場の低迷を危惧して「金融の空洞化」という表現が使われることがある。ここでは東京市場が抱える問題点を諸外国と比較しながら整理すると共にその対策についても検討した。それにより、数多くの問題点が明らかとなったが、その一つ一つの対策の中にはトレードオフの関係にあるものもあるため、個別に見ると対応が容易にみえても他の問題を悪化させてしまう場合がある。対症療法ではなく全体のバランスが大切である。
参照リンク:
口頭発表:研究発表 ハイパワードマネーのコントロール可能性 単独 1995年7月 貨幣経済研究会(名古屋大学)  
 表示
要旨:ハイパワードマネーのコントロールを通じての金融政策が可能か否かについては、これまで何度も議論されてきたが、従来の議論の多くは平行線に終わっていた。しかし、この問題をゲーム論的な枠組みの中で考えることにより、意見の食い違いの原因と共に、従来は重視されなかった新しい問題点が明らかになった。
参照リンク:
口頭発表:研究発表 日銀の金融政策を巡る最近の論争 単独 1994年11月 日本経済政策学会中部地方大会(愛知教育大学)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 マネーサプライのコントロールについて 単独 1994年7月 貨幣経済研究会(名古屋大学)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 銀行貸出におけるエイジェンシー問題 ―審査とモニタリングの機能 単独 1993年9月 金融学会中部部会(愛知大学)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 貸出市場におけるモラル・ハザード 単独 1992年11月 金融学会(香川大学)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 貸出市場における情報の非対称性 単独 1991年11月 貨幣経済研究会(名古屋大学)  
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 銀行行動と金融政策の有効性について 単著 1997年10月 名学大論集 社会科学篇 34-2 169-181  
 表示
要旨:ゲーム論に基づいて考えると均衡において日銀はハイパワードマネーの量的制御が不可能であり無理にコントロールしようとしても望ましい結果は得られない。また、この均衡における銀行行動はバブルの形成を促進したり金融政策の効果を遅らせる。均衡行動を変えるためには現行の制度と何らかの形で改善しなければならない。
参照リンク:
その他 東京資本市場の問題点について 単著 1996年6月 東海郵政局「産業・金融の空洞化と公的金融」 53-62  
 表示
要旨: 東京資本市場の低迷を危惧して「金融の空洞化」という表現が使われることがある。ここでは東京市場が抱える問題点を諸外国と比較しながら整理すると共にその対策についても検討した。それにより、数多くの問題点が明らかとなったが、その一つ一つの対策の中にはトレードオフの関係にあるものもあるため、個別に見ると対応が容易にみえても他の問題を悪化させてしまう場合がある。対症療法ではなく全体のバランスが大切である。
参照リンク:
その他 ハイパワードマネーのコントロール可能性について 単著 1995年7月 東洋経済新報社「金融経済研究(金融学会)」9  28-38  
 表示
要旨:ハイパワードマネーのコントロールを通じての金融政策が可能か否かについては、これまで何度も議論されてきたが、従来の議論の多くは平行線に終わっていた。しかし、この問題をゲーム論的な枠組みの中で考えることにより、意見の食い違いの原因と共に、従来は重視されなかった新しい問題点が明らかになった。
参照リンク:
その他 貸出市場におけるモラル・ハザード 単著 1993年1月 「経済科学」第40巻第3号  37-48  
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 貸出市場における情報の非対称性 単著 1991年1月 名古屋大学(修士論文)  
 表示
要旨:
参照リンク:

 8 学外活動
 8-1 本学以外の機関(公的機関・民間団体等)を通 しての活動
就任年月 退任年月 機関名、役職名等
 8-2 学会・学術団体等の活動
種類 就任、受賞等年月 退任年月 内容(学会・団体名、受賞名、役職名等)

.