1 履 歴
フリガナ ミナガワ ヨシテル 性別


1952年6月8日
氏名 皆川 芳輝 男性
ローマ字
氏名
Minagawa Yoshiteru
所属 商学部 職名 教授
HPアドレス  
メールアドレス  
最終学歴・学位  1996年12月
経済学博士(名古屋大学)取得
 系・分野・分科・細目表
 人文社会系
分野  社会科学
分科  経営学
細目  会計学
フリーキーワード  管理会計、原価計算

 2 学歴・学位
年月

事     項

1980年3月 名古屋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学
1996年12月 経済学博士(名古屋大学)取得

 3 職 歴
年月

事     項


 5 研究分野・内容
 5-1 研究分野・内容(記述式:350字以内)
サプライチェーン・マネジメントのための管理会計、国際税務戦略
 5-2 研究課題(今後の展開・可能性を含む)(記述式:350字以内)
 5-3 研究助成等
区分 年月 名称・題目・機関名等
 5-4 資格・特許等
年月 名称

 6 研究業績
 年度  種類  
種類 著書、学術論文、テーマ等の名称 単著、
共著等の別
発行又は
発表の年月
発行又は発表
雑誌等又は発表
学会等の名称
該当頁 PDF
著書 Building a Responsive and Flexible Supply Chain 単著 2018年10月 World Scientific  
 表示
要旨:Every firms are socially responsible for highly satisfying customers through serving products or services. Meeting the challenge of customer satisfaction needs building an integrated and collaborative supply chain to respond flexibly and quickly to changes in the market demand. Enhancing cooperation along the entire supply chain requires aligning its partners’ behavior with the optimal one of the supply chain.
Firms’ sustainable competitive advantages that can distinguish them from their competitors include highly differentiated functions and benefits that customers can obtain through products or services, products or services at an affordable price, conformity to specifications, shorter the time for delivery of products or services desired by consumers, excellent after-sales service, and easily accessible distribution channel, and entrenched brand loyalty. To obtain competitive advantages, supply chains must absorb, adapt, and transform flexibly changes in the market demand. Building a flexible supply chain requires a close tie among partners.
The study reveals accounting-based management control system practices that are conducive to managing integrated and flexible supply chains towards increasing customer satisfaction. Moreover, I explore how supply chain integration can be increased. This study also examines the relevant managerial methods to build the most effective supply chains at each stage of the product or service lifecycle. Furthermore, this study explores the appropriate managerial methods of various types of supply chains including a non-profit network (disaster relief supply chain).
This book is arranged in the ten chapters. The first chapter considers what issues supply chains must overcome, and what managerial theories they can use in achieving customer satisfaction. The second, third, and fourth chapters consider how a flexible supply chain can be built, and how it can increase customer perceived-value. The second chapter explores how greatly an improvement in break-even time for products or services contributes to customer satisfaction, and accounting-based management control systems that can facilitate shortening break-even time. The third chapter considers impacts of mitigating supply chain risk on cooperation among partners a switching cost-based analytical model for managing flexible supply chain. Moreover, this chapter examines a real options-driven management control system that can alleviate business risks inherent in relationship-specific investments in supply chains. The fourth chapter examines how customer satisfaction can be quantified, hence, performance indicators for customer satisfaction, and then creates balanced scorecard for enhancing customer value in supply chains.
The fifth, sixth, and seventh chapters consider management control systems for leading types of industrial supply chains. The fifth chapter clarifies that a key to winning a competition among fabless supply chain is R&D, and considers, then, how the joint profits of a supply chain should be among fabless firms and electronics manufacturing service providers in strengthening its competitive advantage. The sixth chapter focuses on a relationship among finished products’ assemblers and parts suppliers, and examines an appropriate management approach to this inter-firm networks. The seventh chapter explores how a supply chain serving goods at the maturity stage in the product lifecycle can outperform competitors, and considers throughput accounting-based management control systems.
The eighth and ninth chapters examine cost management and quality control in supply chains. The eighth chapter sheds light on cost management methods in supply chains serving products at each stage in the product lifecycle. The ninth chapter discusses quality management along the supply chain. It considers the importance of preventing quality errors, the effects of product design for quality and traceability systems as effective prevention practices, and how quality control practices in a supply chain can be performed effectively. The tenth chapter discusses a method of self-funding for rapid response operations, where respective participants in humanitarian supply chains determine the contribution they can make according to their own means. Moreover, it addresses the advantages of online fundraising for humanitarian supply chains.
参照リンク:
著書:編纂書 Lean Management of Global Supply Chain 共著 2015年8月 World Scientific 47-65  
 表示
要旨:執筆・担当:How to Facilitate Inter-Firm Cooperation in a Fabless Global Supply Chain,
Vertical integration is a business model wherein one firm is completely responsible for executing a whole range of functional business operations from new product development to the production and distribution of consumer products. A vertically integrated firm, which engages itself in the entire process of generating value for customers, can ultimately control the value chain.
However, because a vertically integrated firm is responsible for upstream, midstream, and downstream business functions, it must face the demanding challenge of increased capital requirements. This study addresses capital investments in new product development. Growing products are in the growth stage of the technology life cycle, in which there is particularly huge potential for product innovation. Increased product innovation on the supply side can further increase market demand for the release of new products. Hence, growing products can facilitate product technology breakthroughs. At the same time, markets for growing products regularly generate increases in the demand for new products, making it impossible for firms to survive unless they continue to release new products. This competitive environment inevitably mandates increases in capital investment. Therefore, firms that serve growing product markets face the problem of raising sufficient funds to survive product innovation races. Implementing a fabless supply chain is one solution to fulfilling the enhanced capital requirements needed for R&D.A fabless business strategy benefits consumers by enabling them with speedier acquisition of new products. Fabless firms (i.e., firms without fabrication facilities) utilize their time and resources on the development and marketing of innovative products while outsourcing manufacturing to electronics manufacturing services (EMSs).Because each of the participants in a fabless supply chain is a legally independent firm, it may act only according to its own interests and without regard for others’ interests. Therefore, in order to enhance cooperation between firms in fabless supply chains, participants need to solve the problem of opportunistic behaviors. Opportunistic behavior refers to “self-interest seeking with guile” (Williamson, 1985, p.47). The problem of opportunism arises mainly due to asymmetric information (Perloff, 2008, p.637). Opportunistic behavior is categorized into two types: adverse selection and moral hazard (Perloff, 2008, p.637). Adverse selection refers to the market failure that can occur when actors have asymmetric information (Perloff, 2008, p.637). In such a market, better-informed market actors may exploit less-informed ones. When less-informed market actors understand well-informed actors’ incentives to exploit actors with less information, they can underestimate the value of the traded goods and thereby refrain from agreeing to transactions with the well-informed market actors. Therefore, asymmetric information results in market failure by preventing desirable transactions. Moral hazard is related to the problem of how to induce market actors to act properly when their actions cannot be observed directly and, therefore, contracted upon (Holmström, 1982, p.324). This study examines the most valuable administrative practices for enhancing cooperation in a fabless supply chain.


参照リンク:
著書:編纂書 Management of Enterprise Crises in Japan 共著 2013年11月 World Scientific 149-165  
 表示
要旨:担当部分:“Management of humanitarian supply chains in times of disaster” this study examines management practices in humanitarian disaster relief chains to build a humanitarian supply chain that enables further strengthening of its disaster relief contributions. In particular, this study focuses on the partners’ respective voluntary fund contributions suitable for the characteristics of humanitarian supply chains.

参照リンク:
著書:編纂書 Management of an inter-firm network 共著 2011年9月 World Scientific Publishing Co. 61-77  
 表示
要旨:担当部分:“Profit Allocation Rules to Motivate Inter-Firm Network Partners to Reduce Overall Costs”,The most important task for many companies is satisfying the needs of the end users of their products and services as swiftly and accurately as possible. Cooperation with business partners is an important element of this task, making competition between inter-firm networks all the more intense. However, partners will not invest their funds only for the sole purpose of increasing the entire interest of their own network or improving the performances of their partners. Allocating the joint profits of the entire network is an important part of making investments in the network’s performance improvement attractive to partners. This study examines a method of allocating a network’s overall joint profit that facilitates cost reduction and process innovation across the entire inter-firm network.


参照リンク:
著書:編纂書 Business group management in Japan 共著 2010年7月 World Scientific 120-138  
 表示
要旨:With increased competition among business groups, companies need to enhance the value of their business and effectively manage individual firms. This book explores and elucidates business group and inter-firm management in Japanese environments, both theoretically and practically through case studies, survey research and other methodologies. In considering the concept of the "Keiretsu" in Japan, as well as other management methods employed by Japanese companies, this book provides extensive coverage on uniquely Japanese management methods. Examples are the application of evaluation system, execution of M&A, utilization of segment information, management of inter-firm relations, and organizational learning.
担当部分:How can management accounting achieve goal congruence?(pp.120-138)
参照リンク:
著書:編纂書 テキスト管理会計 共著 2009年5月 創成社 33-72  
 表示
要旨:「短期利益計画とCVP分析」は、短期利益計画の策定において、いかなる意思決定が行われるかを解説する。「直接原価計算と利益計画」は、直接原価計算の特徴、経営管理への貢献を解説する。「振替価格」は、振替価格の諸目的と各目的達成に適した振替価格設定方法、移転価格税制を解説する。
参照リンク:
著書:編纂書 サプライチェーン管理会計 単著 2008年10月 晃洋書房  
 表示
要旨:最近、多くの企業においては、自社の製品やサービスに対する最終消費者ニーズの変化への適応が最重要課題である。たとえば、部品メーカーが成長するためには、自社の部品が使用される完成品の消費者を満足させなければならない。この問題を解決するためには、ビジネス・パートナーとの連携が重要である。これこそが、企業がサプライチェーンを構築する目的であり、あるいはサプライチェーンに参画する理由である。
以上の視点から、本書は、サプライチェーン・マネジメントに有用な管理会計について考察する。
参照リンク:
著書:編纂書 管理会計レクチャー[上級編] 共著 2008年7月 企業間取引の管理会計
税務経理協会
99-112  
 表示
要旨:企業は、環境変化にサプライチェーンの構造などを適応させることによって、業績が向上するケースもあり得る。しかしながら、本章は、サプライチェーンの動態的な変化については取り上げない。次項からは、部品メーカー、完成品メーカーおよび販売業者などの異なる独立した企業から構成されるサプライチェーンを取り上げ、その存続期間におけるマネジメントに資する管理会計手法を解説する。
参照リンク:
著書:編纂書 Japanese Management Accounting Today 共著 2007年12月 World Scientific 177-192  
 表示
要旨:A key to success of supply chains meeting the demand of matured goods is to distribute the right goods at the right time while reducing costs. This is achieved by cutting lead times. The study considered throughput accounting as the managerial practice that contributed most for matured goods supply chains to survive. Throughput accounting helps and motivates managers to decrease lead times. This results from the characteristic of throughput accounting, reduction of lead times that leads to decreased inventory. This influences throughput contribution positively. Throughput accounting profit depends on increased throughput contribution while at the same time cutting operational expenses.
参照リンク:
著書:編纂書 Value-Based Management of the Rising Sun 共著 2006年8月 World Scientific 317-329  
 表示
要旨:A firm is part of a supply chain in order to increase its own profit through the enhanced performance of the supply chain as a whole. A key to successful supply chain management is to align the incentives of all the partners and thereby keep them from behaving opportunistically. However, this can hardly be achieved automatically without using managerial techniques when information asymmetry exists. The paper first examines how revenue sharing as an incentive scheme influences supply chain investments under information asymmetry based on previous studies. Subsequently, the requirements for desirable revenue sharing are explored theoretically and normatively.
担当部分:Chapter 24 “Impacts of revenue sharing on incentive alignment in supply chains”
World Scientific
参照リンク:
著書:編纂書 羽路駒次・小嶋博編著『新経営学』 共著 2002年12月 晃洋書房 231-247  
 表示
要旨:経営分析について範囲を広めて考察するならば、経営分析の目的は、企業における経営の舵取りが的確であるかを評価し、さらに、その結果を競争優位に結びつけることにある。かかる目的の実現に有用な業績評価指標および経営手法のうち、本稿では、損益分岐点到達期間、ライフ・サイクル・コスト、EVA、および無形資産の価値評価に焦点を合わせ、それぞれが及ぼす競争優位への影響について考察した。
参照リンク:
著書:編纂書 原価計算論 単著 2002年9月 創成社  
 表示
要旨:本書は、ABC、直接原価計算、標準原価計算、ライフサイクルコスト、スループット会計など新しい原価計算手法の特徴を理論的に考察した。
参照リンク:
著書:編纂書 日本企業の国際競争力と経営手法 共著 1999年1月 名古屋大学経済学部附属国際経済動態研究センター「調査と資料」第108号  
 表示
要旨:企業の国際競争力の測定方法および国際競争力影響要因を確立し、それらを検証するために実施した調査を分析し、わが国企業の国際競争力について分析した。
参照リンク:
著書:編纂書 TAXATION AND REINVESTMENT BY MNCs 単著 1993年10月 ECONOMIC RESEARCH CENTER, FACULTY OF ECONOMICS, NAGOYA UNIV.「INTERNAT10NAL ECONOMIC CONFL ICT DISCUSSION PAPER」  
 表示
要旨:多国籍企業におけるタックスマネジメントが与える海外子会社の自律性への影響について分析する。
参照リンク:
著書:編纂書 多国籍企業の租税戦略 単著 1993年8月 名古屋大学出版会  
 表示
要旨:本書は、管理会計の立場から国際節税戦略を理論的並びに実証的に研究考察したものである。具体的には、多国籍企業における節税戦略と技術移転の関係、国際節税戦略と海外子会社の自律性の関係、多国籍企業における本国への送金戦略と税金の関係、多国籍企業の移転価格戦略、税制が与える多国籍企業による再投資への影響などについて分析した。なお、平成8年に学位博士請求論文として名古屋大学に提出し、博士(経済学)を得た。全9章、197頁。
参照リンク:
著書:編纂書 環境変化適応と情報システム 共著 1991年9月 武田隆二編著『企業パラダイムと情報システム』税務経理協会 267-290  
 表示
要旨:本論文は、わが国企業が国内的・国際的経済情勢の変化に即応して、新たな経営戦略に基づく経営パラダイムないし企業文化の変革を試みている点に着目し、こうしたパラダイム変革と情報システムの変化との関わりを実証的に解明することを目的とするものである。
参照リンク:
著書:編纂書 東海地域中小企業の国際化へのニーズ(第2章)
東海地域中小企業の国際化への課題(第3章)
共著 1985年3月 東海地域における中小企業の国際化  
 表示
要旨:調査にしたがって東海地域中小企業の国際化へのニーズを分析し、中小企業が経営国際化をはかる上での課題について考察した。
参照リンク:
著書:編纂書 情報処理 共著 1983年3月 晃洋書房、全6章、246頁のうち皆川分担分は全5章、200頁になる。  
 表示
要旨:情報処理の実践および経営に与える貢献について考察した。
参照リンク:
学術論文 北米のプロスポーツリーグにおける収益分与の有用性 単著 2018年1月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第54巻 第3号 1-10
 表示
要旨: プロスポーツリーグ・チームの持続的成長には,他の諸プロスポーツリーグ間の観客争奪戦における競争優位構築が決定的に重要になる。そのためには,当該プロスポーツリーグの全試合においてクロスゲームが展開されなければならない。プロスポーツリーグが観客数を増加させるうえで最も重要な要因は,優秀な選手が数少ない特定チームに偏在するのではなく,全チームにおいて優秀な選手がプレーしていることである。しかしながら,優秀な選手のスカウト・雇用には多額の資金を捻出しなければならない。この問題を解決するための方法の1つとしては,収益分与(revenue sharing)があげられる。これは,まず最初にプロスポーツリーグ・チームが自分の収益から一定額をリーグ全体に拠出し,続いてそのプールした資金を各チームに分配する。本論文は,北米プロスポーツリーグにおける収益分与に焦点をあてて,その有用性を考察する。
参照リンク:
学術論文 ファブレス・サプライチェーンにおける企業間協力の促進 単著 2016年1月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第52巻 第3号 1―13
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 Supply Chain Cost Management: A Life Cycle Perspective 単著 2014年7月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第51巻 第1号 1-14
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 管理会計が与える新製品開発への貢献 単著 2014年1月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第50巻 第3号 13-28
 表示
要旨:企業およびサプライチェーンにおける戦略的経営管理システムが成果を上げるには、企業間およびサプライチェーン間の競争状況を直截的に反映する経営指標の創造・適用が重要である。競争状況を表す情報の1つとしては、最終製品・サービスの市場動向に関する指標があげられる。ここで企業およびサプライチェーンが実際のビジネスにおいて利益を増やすための原動力は何かに焦点を当てると、新製品開発を成功裏に成し遂げることが企業成長にとって決定的に重要となる。本論文は、新製品発売前にいかなる経営手法を導入すべきかを分析する。かかる経営手法の1つには原価企画がある。本論文は、原価企画以外に、新製品発売前の利益改善策としてどのようなものがあるかを考察するとともに、その効果的かつ効率的な実施に資する製品市場関連管理会計情報を検討する。
参照リンク:
学術論文 人道支援サプライチェーン・マネジメント 単著 2012年7月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第49巻 第1号 1-10
 表示
要旨:人道支援サプライチェーン・マネジメント(humanitarian supply chain management)は、被災者に対する物資援助および情報提供の効果的かつ効率的な実施に資する。この人道支援活動に従事するサプライチェーンと通常のビジネス上のそれとの違いの1つとして、ビジネス上のサプライチェーンにおいては、消費者ニーズが直接的に主導的な影響を及ぼすのに対して、人道支援サプライチェーン・マネジメントでは、被災者の声が直接的に届かない。震災時に人命救助にあたるサプライチェーンは、緊急事態に対応して即座に編成し活動を展開しなければならないという特徴(hastily formed networks)を有する。本研究は、文献に基づき、ビジネスにおけるサプライチェーン・マネジメント手法および管理会計手法を援用して、震災時の人道支援サプライチェーンの効果的な構築と運用のあり方を理論的かつ規範的に考察する。
参照リンク:
学術論文 サプライチェーンの特性に適合するコスト・マネジメント 単著 2012年5月 原価計算研究、Vol.36 No.1、日本原価計算研究学会 35-44  
 表示
要旨:本研究は、サプライチェーン間競争が激化する中、いかなるコスト・マネジメントが競争優位に役に立つかを考察する。具体的には、成長製品を供給するサプライチェーンと成熟製品を供給する企業間ネットワークに分けてそれぞれについて消費者ニーズの充足に有用なコスト・マネジメントを明らかにする。

参照リンク:
学術論文 サプライチェーンにおける結合利益配分による工程革新・コストダウンの促進 単著 2012年1月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第48巻 第3号 01-09  
 表示
要旨:本論文は,主に部品メーカー,完成品メーカーおよび販売業者などの異なる独立した企業から構成されるサプライチェーンを取り上げて,その存続期間におけるサプライチェーンマネジメントに有用な利益分配方法を考察する。
参照リンク:
学術論文 サプライチェーン・バランススコアカード 単著 2008年10月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第45 巻 第2 号(2008 年10 月) 39-50  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 The effects of international technology transfer on tax burden in multinational enterprises 単著 2007年10月 Regional Development and Asia's Value, Research Journal of Dong-Eui University 147-168  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 サプライチェーン・コスティング 単著 2007年2月 会計 第171巻第1号 230-242  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 サプライチェーンにおける収益分与が与える投資への影響 単著 2006年10月 名古屋学院大学論集. 社会科学篇 第43巻第2号 19-29  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 Managerial accounting practices relevant to the management of supply chain risks 単著 2005年1月 名古屋学院大学論集 社会科学編 第41巻第3号 165-182  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 管理会計が与えるサプライチェーン・マネジメントへの貢献 単著 2004年4月 名古屋大学大学院経済学研究科 経済科学 第41巻第5号 41-53  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 サプライチェーンにおける利益共有の有用性 単著 2004年3月 原価計算研究 第28巻第2号 39-46  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 サプライチェーン・パートナー企業間取引の振替価格 単著 2002年6月 会計 第161巻第6号 69-80  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 サプライチェーン・マネジメント 単著 2002年5月  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 活動基準原価計算の有用性 単著 2002年3月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第38巻第4号 9-20  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 活動基準原価計算が与える販売価格決定への影響 単著 2001年3月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 13-21  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 リアル・オプションに基づく2段階投資の経済性評価 単著 2000年11月 会計 第158巻第5号 12-25  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 短期利益計画とCVP分析 単著 2000年9月 武田安弘編著『管理会計要説』  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 短期利益計画と直接原価計算 単著 2000年9月 武田安弘編著『管理会計要説』  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 国際管理会計 単著 2000年9月 武田安弘編著『管理会計要説』  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 Real options:A Review of the Literature 単著 2000年7月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第37巻第1号 55-65  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 国際企業における租税戦略と海外子会社に対する意思決定権限の委譲 単著 1999年4月 企業会計 第51巻第4号 40-49  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 利益比準法と多国籍企業の節税政策 単著 1997年11月 会計 第152巻第5号 96-108  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 新しい連結原価の配分方法 単著 1997年1月 原価計算研究 第21巻第2号  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 情報技術が与える販売価格戦略への影響 単著 1996年8月 オフィス・オートメーション 第17巻第3号 40-47  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 範囲の経済性が与える企業利益への影響 単著 1996年6月 会計 第149巻第6号 48-58  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 情報技術と医療サービス部門の成長 単著 1996年1月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第32巻第3号 213-225  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 情報技術が与える医療サービス部門の成長への貢献 単著 1995年6月 オフィス・オートメーション 第16巻第2号 34-38  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 中国の移転価格税制改革が与える多国籍企業経営への影響 単著 1995年1月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 171-185  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 多国籍企業の租税戦略と移転価格税制 単著 1994年5月 会計 第145巻第5号 702-722  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 情報システムが与える在宅福祉への影響 単著 1993年3月  オフィス・オートメーション 第13巻第5号 31-36  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 外国為替損益の課税 単著 1993年1月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第29巻第3号 243-263  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 情報システムと医療機関間の競争 単著 1992年10月 オフィス・オートメーション 第13巻第3号 59-64  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 医療機関のSISとネットワーク 単著 1991年12月 オフィス・オートメーション 第12巻第3号 28-35  
 表示
要旨:
J-GLOBALホームMyJ-GLOBALログインヘルプ

すべて 研究者 文献 特許 研究課題 機関 科学技術用語 化学物質 遺伝子 資料 研究資源
すべてすべて研究者文献特許研究課題機関科学技術用語化学物質遺伝子資料研究資源




J-GLOBAL ID:200902092021023349 整理番号:92A0041463

医療機関のネットワークとSISNetwork and SIS of Medical Institution.

著者:牧戸孝郎 (名古屋大)、皆川芳輝 (名古屋学院大)、沢田善次郎 (東邦学園短期大学)
資料名:オフィス・オートメーション 巻:12 号:3 ページ:28-35
発行年:1991年10月



この文献の複写を申し込む

詳細情報の表示設定

著者 (所属機関) (3件) 牧戸孝郎


名寄せID:200901100499398096 所属:名古屋大
皆川芳輝


名寄せID:200901100596852966 所属:名古屋学院大
沢田善次郎


名寄せID:200901100455852458 所属:東邦学園短期大学



資料名 (1件) / JST資料番号 (1件) オフィス・オートメーション
Y0017A

巻 号 ページ 巻:12 号:3 ページ:28-35
発行年 199110
ISSN/ISBN 1349-2861
資料内容種別名 逐次刊行物 (A)
発行国/言語 日本 (JPN) / 日本語 (JA)



引用文献(0件)
被引用文献(0件)
被引用研究課題(0件)



物質索引(0件)



分類コード(1件) 医用情報処理【’81~’92】 (JE13000V)

文献タイトルに含まれる語(3件)
医療施設
主題カテゴリ:医療制度・設備


ネットワーク
主題カテゴリ:経営工学, 性質


戦略情報システム
主題カテゴリ:経営管理・経営理念・組織論



J-GLOBALの研究者情報に登録されている著者 (1件)
澤田 善次郎
サワダ ゼンジロウ
所属機関・部署:椙山女学園大学 現代マネジメント学部 現代マネジメント学科 職名:教授,椙山女学園大学 図書館長
研究キーワード:経営学、経営管理論、生産管理論、中小企業経営論



この文献を引用している特許 (0件)


オバマ大統領、七面鳥に「恩赦」を与える / 11月28日の各国版スプラッシュ - ハフィントンポスト - 2013年11月29日 8時
もっと見る(Googleニュースへ)


この文献と内容が近い文献 (279,619件)

支援機器開発 高齢者のための情報・通信支援システムの開発研究 健康管理のための情報ネットワーク (厚生省S)
青山喬
長寿科学総合研究

参加支援工学 健康管理のための情報ネットワークシステム
稲田紘
BME

過去5年間及び将来5年間に想定される新薬開発戦略の変化:後向き研究と前向き研究とのブリッジング,同時国際規模開発,多国籍にわたる試験(全世界的/地域的 2) 将来は? e‐Patient診療記録とネットワーク構想 健康サービスに基づいた地域社会のためのユービキタス情報ネットワークは全ての市民に対してテーラーメイド型による最適健康管理を提供する(原標題は英語)
北岡有喜
臨床評価

特集 ライフサイエンス 在宅健康管理“ケアサポートシステム” 各家庭と医療機関を電話回線で結んだ在宅健康管理システムの開発について
北浦均、藤崎章好、山中博
Omron Tech

これからの在宅医療・福祉について 4. ニューメディア・情報ネットワーク
梯正之、水流聡子、瀬尾明彦・・・
広島医学


読み込み中です。
この文献と研究内容が近い研究者 (3,592件)

三原 義樹
宇都宮大学
総合メディア基盤センター
情報セキュリティマネジメント、画像情報処理

島岡 章
大分大学
学術情報拠点
医療情報学、保健情報学

漆谷 重雄
国立情報学研究所
アーキテクチャ科学研究系
bandwidth on demand、multiple layer、virtual private network・・・

井上 一成
奈良工業高等専門学校
情報工学科
ルータ、ハードウェア、LSI・・・

衣川 昌宏
仙台高等専門学校
情報ネットワーク工学科
環境電磁工学、情報セキュリティ、情報ネットワーク・・・


読み込み中です。
この文献と内容が近い特許 (53,996件)

医用情報処理システム
公開公報
特願2000-157242

医用情報処理システム
公開公報
特願2011-117848

医用情報処理システム
公開公報
特願2005-232704

医用情報処理システム
公開公報
特願2005-122486

情報ネットワーク
公開公報
特願平4-097667


読み込み中です。
この文献と内容が近い研究課題 (664件)

施設間医療情報ネットワークシステムの基盤整備および安全性確保に関する開発研究および運営業務
経常研究 (1995 - 2000)
佐藤 眞一郎、武田 栄子、福久 健二郎

職域における画像を含むオフライン健康関連情報管理システム(IS&C)の実用化
経常研究 (1996 - 1999)
東 敏昭、八幡 勝也

多施設共同による重粒子線治療のための診断情報システムの開発研究
経常研究 (1995 - 1995)

へき地における環境医学,血液医学,病態生理及び医療情報システムに関する研究
経常研究 (1994 - 1997)
井廻 道夫、横山 英明、河合 忠・・・

精神科病院の病棟機能分化と専門病院化に関する研究
経常研究 (1995 - )
藤村 尚宏


読み込み中です。文献といえばJ-GLOBAL!約6,610万件を収録中
(2012年9月1日現在)
J-GLOBALで
いますぐ文献を探そう!

研究者、文献、特許などの情報をつなぐ科学技術の総合ポータルサイト。お客様の研究開発・イノベーションを支援します。
※数字は2012年9月1日現在のデータです。
研究者(約22万人)文献(約6,610万件)特許(約965万件)研究課題(約7万件)機関(約39万機関)科学技術用語(約23万語)化学物質(約308万件)遺伝子(約22万件)資料(約22万誌)研究資源(約3,655件)
技術問題を解決するヒントが欲しいうちの技術を他分野で使えないか同業他社の技術動向を把握したい検索エンジンで調べた内容、専門的な裏づけがあるか調べてみよう共同研究に最適な研究者を探したい自分と同じような研究を行っている人を探したい研究の背景を知りたい、参考文献を探したいあの大学の研究を製品化できないかな







J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を取り出せます。
新たな気付きや、今まで見つからなかった情報の発見に役立ちます。

着目した情報が、連携する外部サイトリンクや内容が近い情報が見つかる関連検索でひろがります。
異分野の知識獲得や専門分野を超えた発想を支援します。

つながる・ひろがるの繰り返しから、思わぬ問題解決のヒントや新たなアイディアがひらめくキッカケを提供します。

ボタン


•情報がありません



MyJ-GLOBALにログインしてご利用ください。
はじめての方はアカウント登録をお願いします。


MyJ-GLOBALにログインしてご利用ください。
はじめての方はアカウント登録をお願いします。


MyJ-GLOBALにログインしてご利用ください。
はじめての方はアカウント登録をお願いします。


MyJ-GLOBALは、便利な機能を無料で使えるカスタマイズサービスです。
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。

利用規約リンクポリシーJ-GLOBALについてお問い合わせサイトマップCopyright (c) 2009 Japan Science and Technology Agency. All Rights Reserved
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。
読み込み中です。

読み込み中です。
共有先を選択XClose AddThis Expanded Menu次のウェブベースのRSSリーダーから選択してください。
AOLBloglinesGoogle ReaderMy MSNNetvibesNewsisfreePageflakesYahooSharing Service Filter該当するサービスは見つかりませんでした。.netShoutout100zakladok2 Tag2linkmeA97abiAdftyAdifniADV QRAmazonAmen Me!AOL MailAPSenseArtoAzadegiBaangBaiduBallTribeBeat100BiggerPocketsBit.lyBizSugarBland takkinnBlinklistBloggerBloggyBlogkeenBlogmarksBlurpaliciousBobrdobrBonzoBoxBookmarkingNetBookmarky.czBookmerkenBoxBrainifyBryderi.seBuddyMarksBufferBuzzzyCamyooCare2Cherry ShareChimeChiqCiripCiteULikeClassicalPlaceCleanPrintCleanSaveCndigColivia.deCommunicateCopy LinkCOSMiQCSS BasedCurate.usDeliciousDigaCulturaDiggDiggitaDigoDiigoDoMelhorDostiDoubanDraugiem.lvDropjackDuduDzoneEdelightEFactoreKudoselefanta.plEmail AppEmbarkonsEvernoteextraplayEzySpotFabDesignFabulously40FacebookFarkFarkindaFashiolistaFAVableFavesfavlogFavoritenFavoritusFinancial JuiceFlakerFolkdFormspringFreeDictionaryFresquiFriendFeedfunPfwispGabbrGamekickerGGGiftery.meGigBasketGiveALinkGmailGo.vnGood NoowsGoogleGoogle+GreaterDebaterHacker NewsHatenaHealthimizeHedgehogshistoriousHotklixHTML ValidatorIdenti.caihavegotIndex4IndexorInformazioneInstapaperiOrbixIRepeateriSocietyiWiWJamespotJappy TickerJollyJumptagsKaboodleKaevurKaixin RepasteKetnooiKindle ItKledyKommentingLa tafaneraLibrerioLiDAR OnlineLifestreamLinkedInLinks GutterLinkSharesLinkuj.czLiveJournalLockerBloggerLogger24Mail.rumar.gar.inMarkmeMashantMashbordme2daymeinVZMekusharimMemonicMemori.ruMendeleyMen√©ameMessengerMister WongMixiMoemesto.ruMoikrugmRcNEtwORKMyspacemyVidsterN4GNasza-klasaNetLogNetvibesNetvouzNewsMeBackNewsTrustNewsvineNujijOdnoklassnikiOKNOtizieOpenTheDoorOrkutOutlookOyylaPackgPafnetPDF OnlinePDFmyURLPhoneFavsPinterestPlanypusPlaxoPlurkPocketPosteezyPosterousPrintFriendlyPushaQRF.inQRSrc.comQuantcastQzoneRedditRediff MyPageRedKumResearchGateSafelinkingScoop.atScoop.itSekomanSelect2GetherSharerShavehShe Told MeSina WeiboSkyrock BlogSMISodaHeadSonicoSpinSnapSpreadlyspringpadStartaidStartlapStoryFollowerstudiVZStuffpitStumbleUponStumpediaSuliaSunlizeSUP BROSurfingbirdSvejoSymbalooTaazaShareTagzaTaringa!TextmeThe FancyThe Web BlendThinkfinityThisNextThrowpileto.lyTopSitelerTransferrTranslateTuentiTulinqTumblrTvinxTwitterTwitThisTypepadUpnews.itUrlaubswerkViadeoVirbVisitezMonSiteVKontaktevKruguDruzeiVOX SocialVybraliSMEWaneloWebnewsWebShareWerKenntWenWhois LookupWindows GadgetWireFanWishMindrWordPressWowBoredWrite Your RepWykopXangaXINGY! BookmarksY! MailYammerYardbarkerYiggYookosYoolinkYorumcuyumYouMobYuubyZakladok.netZicZacZingMeお気入り登録印刷設定...終了返信完了 もう一度共有する
メッセージを送っています...宛先: (メール)差出人: (メール)注釈: (オプション)ご利用いただけるのは半角255字までです。他のサービス→:AddThisプライバシー 共有先を選択X
AddThisのと簡単にInternet Explorer用の共有を確認これを表示しない
FacebookTwitter印刷GmailStumbleUponお気入り登録Tumblr他のサービス→設定...
サインインAddThisプライバシー
参照リンク:
学術論文 労働力需給の変化と地域経済への影響 共著 1991年12月 名古屋大学経済学部調査と資料 (95), p1-45, 1991-09  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 航空業界におけるCRSとグローバル化 単著 1991年7月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第28巻第1号 81-91  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 多国籍企業におけるタックス・マネジメントと自律性 単著 1991年4月 企業会計 第43巻第4号 518-524  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 わが国アパレルメーカーにおける生き残り戦略と情報技術 単著 1991年3月 オフィス・オートメーション 第11巻第5号 32-37  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 企業間情報ネットワークにおけるパワー 単著 1991年2月 オフィス・オートメーション 第11巻第4号 12-18  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 戦略的情報システムの事例研究 共著 1990年12月 オフィス・オートメーション 11(3) 91-97  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 環境変化への適応と情報システム 共著 1990年11月 会計 第138巻第5号 648-659  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 アジア7ヶ国の税制と日本企業の海外進出 単著 1990年7月 小川英次・牧戸 孝郎編著『アジアの日系企業と技術移転』 第5章 111-136  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 戦略的情報システム 単著 1990年7月 名古屋学院大学論集 社会科学篇第27巻第1号 255-267  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 国際振替価格と課税 単著 1990年6月 会計 第136巻第7号 858-875  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 情報会計 単著 1989年9月 『会計学総論』税務経理協会 269-278  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 わが国電気機械産業における資本構成と成長 単著 1987年3月 『経済・経営の構造変化と対応策』名古屋大学出版会 167-183  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 経営分析論 単著 1987年3月 羽路駒次・小嶋博編著『現代経営学』 第8章  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 情報処理論 単著 1987年3月 羽路駒次・小嶋博編著『現代経営学』 第9章  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 ワーキング・データ・ファイルによる業務処理システム 単著 1986年6月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第22巻第3号 91-124  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 無借金企業の財務分析 単著 1985年1月 瀧澤菊太郎・小川英次・牧戸孝郎『無借金企業』有斐閣 75-109  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 名古屋地区におけるアパレル産業の現状 単著 1984年3月  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 産業技術の新展用と経営管理の課題 単著 1983年9月  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 ライフ・サイクルコスティング 単著 1982年12月 名古屋大学大学院経済学研究科 経済科学 30(2) 1-26  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 事業部制における内部振替価格 単著 1982年2月 名古屋大学大学院経済学研究科 経済科学 29(3) 23-43  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 原価管理のめのコスト・ビヘイビアー分析 単著 1981年2月 名古屋大学大学院経済学研究科 経済科学 28(3) 55-70  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文:研究ノート 名古屋学院大学商学部独自のビジネスゲーム開発への取組(研究ノート) 共著 2005年10月 名古屋学院大学論集 社会科学篇 第42巻第2号 165-172  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Management policy for financial Healthiness in Japanese companies 共同 1985年3月 the 9th Joint Seminar Freiburg/Nagoya
名古屋大学経済学部
 
 表示
要旨:実態調査に基づいて無借金企業の財務戦略の特徴を明らかにした。
参照リンク:

 8 学外活動
 8-1 本学以外の機関(公的機関・民間団体等)を通 しての活動
就任年月 退任年月 機関名、役職名等
 8-2 学会・学術団体等の活動
種類 就任、受賞等年月 退任年月 内容(学会・団体名、受賞名、役職名等)
学術団体等 2010年3月 日本情報経営学会・理事
学術団体等 2012年7月 日本組織会計学会・理事
学術団体等 2014年4月 2017年3月 日本管理会計学会・常務理事

.