1 履 歴
フリガナ サワダ ケイコ 性別


 - 年 - 月 - 日
氏名 澤田 景子 女性
ローマ字
氏名
KEIKO SAWADA
所属 現代社会学部 職名 講師
HPアドレス  
メールアドレス  
最終学歴・学位  2006年3月
日本福祉大学大学院社会福祉学研究科福祉マネジメント専攻(修士課程)修了
 系・分野・分科・細目表
 人文社会系
分野  社会科学
分科  社会学
細目  社会福祉学
フリーキーワード  ダブルケア、ケアの複合化、減災福祉、高齢者福祉、相談支援

 2 学歴・学位
年月

事     項

2002年3月 同朋大学社会福祉学部社会福祉学科卒業
2006年3月 日本福祉大学大学院社会福祉学研究科福祉マネジメント専攻(修士課程)修了

 3 職 歴
年月

事     項

2002年4月 社会福祉法人瑞祥 特別養護老人ホームビラ・オレンジ、介護職・生活相談員(~2004年3月)
2004年4月 社会福祉法人瑞祥 美浜町在宅介護支援センター、ソーシャルワーカー(~2006年6月)
2006年7月 社会福祉法人瑞祥 特別養護老人ホームビラオレンジ、生活相談員(~2008年12月)
2011年3月 医療法人瑞心会 老人保健施設サンバーデン、支援相談員(非常勤)(~2012年6月)
2012年7月 医療法人瑞心会 渡辺病院、医療福祉相談員(非常勤)(~2018年3月)
2013年10月 学校法人那古野学園 ナゴノ福祉歯科医療専門学校介護福祉課、非常勤講師(~2018年3月)
2015年4月 同朋大学社会福祉学部、非常勤講師(~2018年3月)
2018年4月 名古屋学院大学 経済学部講師(~2020年3月)
2020年4月 名古屋学院大学 現代社会学部講師

 5 研究分野・内容
 5-1 研究分野・内容(記述式:350字以内)
介護福祉施設、病院などでソーシャルワーカーとして相談支援に携わる。
少子高齢化の下、まちに生じる新たな社会的リスクであるダブルケア(育児と介護の同時進行、ケアの複合化)と、そのような社会環境下で、人々の多様性に配慮しながら、災害時にどう備えるかという減災福祉を主な研究テーマとしている。
 5-2 研究課題(今後の展開・可能性を含む)(記述式:350字以内)
 5-3 研究助成等
区分 年月 名称・題目・機関名等
 5-4 資格・特許等
年月 名称
2000年7月 福祉住環境コーディネーター2級(04-2-01278)
2002年11月 社会福祉士取得(第38235号)
2009年6月 介護支援専門員取得

 6 研究業績
 年度  種類  
種類 著書、学術論文、テーマ等の名称 単著、
共著等の別
発行又は
発表の年月
発行又は発表
雑誌等又は発表
学会等の名称
該当頁 PDF
著書 子育てと介護のダブルケア支援研修用テキスト 共著 2021年3月 名古屋学院大学  
 表示
要旨:
参照リンク:
著書 経済社会学の新しい地平 共著 2013年7月 桜美林大学北東アジア総合研究所  
 表示
要旨:
参照リンク:
著書 学びを追究する高齢者福祉(担当:共著, 範囲:民間事業者の福祉参入がもたらした光と影) 共著 2013年2月 保育出版社  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 ダブルケア(介護と育児の同時進行)を行う者の経験世界の構造と支援課題に関する一考察 共著 2018年9月 経済社会学年報 XL 129-139  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 高齢者施設における「死の教育」実践に関する基礎的研究―介護職員に対する死生観実態調査をもとに― 共著 2013年9月 経済社会学会年報XXXⅤ 165-170  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 家族介護者における継続の意志とスピリチュアリティ―在宅要介護高齢者の介護を続けている家族の語りから 共著 2013年3月 同朋大学論叢(97) 128-115  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 ショートステイにおける相談調整の視点と実践プロセスに関する一考察―M-GTAによる質的分析― 共著 2012年9月 経済社会学会年報XXXⅣ 99-108  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 高齢者の在宅介護施策に関する一考察―ショートステイにおける家族介護者調査をもとに― 共著 2011年9月 経済社会学会年報XXXⅢ 197-207  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文:研究ノート ダブルケアに関する研究の動向 単著 2019年7月 名古屋学院大学 社会科学篇 第56巻 第1号 95-115
 表示
要旨: 近年,少子高齢化,晩婚・晩産化の進展に伴い,新たな社会的リスクの一つとして注目されている。本稿では,まずダブルケア(育児と介護が同時に進行)に関する研究の動向とダブルケアを巡る諸課題について整理を行った。続いて,先行研究の整理から目指すべき新たな社会システム,支援の構築に向けた動きとして,フレームを統合したケアシステム,地域における包括ケアネットワーク,自助力の向上,多様性を尊重したケア・ワークライフバランスの構築の必要性が示唆された。今後の研究課題・実践課題として,多様なダブルケア実態の把握,地域・男女・世代間での比較調査と支援策の検討,先駆的事例に対する評価,支援機関における対応の実態把握,公助と共助との協働の在り方への検討,ケアに備える“ケア活”への取り組み,企業側への調査といった展開が重要となることを指摘した。
参照リンク:
口頭発表:研究発表 育児と介護を同時に担うダブルケア当事者の支援ニーズと課題 単独 2019年9月 経済社会学会第55回全国大会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 ダブルケア(育児と介護の同時進行)を行う者の経験世界の構造と支援課題に関する一考察 共同 2017年9月 経済社会学会第53回全国大会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 高齢者施設における「死の教育」実践に関する基礎的研究―介護職員に対する死生観実態調査をもとに― 共同 2012年9月 経済社会学会第48回全国大会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 介護継続の意志と宗教的価値観 共同 2011年9月 日本仏教社会福祉学会第46回大会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 ショートステイに関する相談調整プロ設と意識構造に関する一考察―M-GTA(修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ)による質的分析 共同 2011年9月 経済社会学会第47回全国大会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 在宅生活支援としてのショートステイの機能に関する一考察 共同 2010年9月 経済社会学会第46回全国大会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 地域志向の施設ケアにおける課題ー生活相談員の役割を中心としてー 共同 2008年10月 第20回生活経済学会中部部会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 子育てと介護のダブルケアシンポジウム 共同 2021年1月 熱田区役所・保健センター、名古屋学院大学、熱田区社会福祉協議会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 ダブルケア その時どうする?~育児と介護がいっぺんに~ 共同 2020年12月 名古屋市教育委員会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 育児と介護を同時に担うダブルケア支援力向上研修 共同 2020年9月 名古屋学院大学、名古屋市介護サービス事業者連絡研究会、ダブルケアパートナー  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 新たな社会的リスク!子育てと介護のダブルケアを乗り切るために 単独 2020年2月 瀬戸市  
 表示
要旨:
参照リンク:

 8 学外活動
 8-1 本学以外の機関(公的機関・民間団体等)を通 しての活動
就任年月 退任年月 機関名、役職名等
2010年4月 非特定営利法人あま福祉会 監事
2019年1月 ダブルケアパートナー 副代表
2020年2月 第6次瀬戸市総合計画評価委員
 8-2 学会・学術団体等の活動
種類 就任、受賞等年月 退任年月 内容(学会・団体名、受賞名、役職名等)
学術団体等 2010年9月 経済社会学会 会員
学術団体等 2010年9月 生活経済学会 会員

.