1 履 歴
フリガナ ヒシヌマ タケシ 性別


 - 年 - 月 - 日
氏名 菱沼 男性
ローマ字
氏名
所属 法学部 職名 教授
HPアドレス  
メールアドレス  
最終学歴・学位  2012年7月
論文博士(法学、第6037号、早稲田大学大学院)
 系・分野・分科・細目表
 人文社会系
分野  社会科学
分科  法学
細目  新領域法学
フリーキーワード  知的財産法、国際私法、比較法、国際関係

 2 学歴・学位
年月

事     項

2012年7月 論文博士(法学、第6037号、早稲田大学大学院)

 3 職 歴
年月

事     項

1991年4月 通商産業省/経済産業省: 特許庁;資源エネルギー庁石油部;自動車課;通商産業研究所研究部;通商政策局調査室
2002年1月 国連システム: 世界知的所有権機関(WIPO)電子商取引・著作権課、法律顧問室、WIPOアカデミー;国連工業開発機関(UNIDO)調査部、ニューヨーク事務所;国連(UN)法務部(OLA);国連大学(UNU-IAS);国連訓練調査研究所(UNITAR)ニューヨーク事務所
2017年4月 名古屋学院大学法学部

 5 研究分野・内容
 5-1 研究分野・内容(記述式:350字以内)
 5-2 研究課題(今後の展開・可能性を含む)(記述式:350字以内)
 5-3 研究助成等
区分 年月 名称・題目・機関名等
学内 2018年6月 2018年度名古屋学院大学研究助成
学外 2007年1月 RUIG (Réseau universitaire international de Genève)-GIAN (Geneva Academic Network) Grant (Coordinator)
学外 2008年4月 マイクロソフト知的財産研究助成公益基金
学外 2014年4月 公益財団法人野村財団(研究代表者)
 5-4 資格・特許等
年月 名称
2003年5月 New York State (USA) Attorney

 6 研究業績
 年度  種類  
種類 著書、学術論文、テーマ等の名称 単著、
共著等の別
発行又は
発表の年月
発行又は発表
雑誌等又は発表
学会等の名称
該当頁 PDF
著書 実践 知的財産法 共著 2017年7月 法律文化社 192-204  
 表示
要旨:
参照リンク:
著書 国連研究第18号 多国間主義の展開 共著 2017年6月 国際書院 211-239  
 表示
要旨:
参照リンク:
著書 均衡かつ持続可能な開発のための新興国を巡る技術開発・移転と技術選択 共著 2015年-月 野村財団『社会科学助成実績報告書』第29輯 73  
 表示
要旨:
参照リンク:
著書 孤児著作物問題の研究 単著 2012年12月 成文堂 1-288  
 表示
要旨:
参照リンク:
著書 Global Copyright 共著 2010年10月 Edward Elgar 460-477  
 表示
要旨:
参照リンク:
著書 知的財産保護の国際規範 単著 2009年7月 信山社 1-199  
 表示
要旨:
参照リンク:
著書 Les liaisons fructueuses 共著 2008年8月 RUIG/GIAN 259  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 人工知能(AI)が知的財産法制度に与える影響と今後の展望 単著 2020年10月 名古屋学院大学論集57巻2号 45-54  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 AI Technologies as a Determinant of the Tech Control Game 共著 2019年9月 The Japan Journal 18-19  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 営業秘密保護とAIの活用~不得意分野をAIで補完~ 単著 2018年3月 中部経済新聞オープンカレッジ  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 University Challenge -Japanese universities are sliding down the global rankings 共著 2016年11月 The Japan Journal, Vol.13, No.8 24  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 グローバル時代における営業秘密の法的保護を巡る国際規範の可能性 共著 2015年12月 公益信託マイクロソフト知的財産研究助成基金『研究助成成果論文集』 65-78  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 Technology Transfer and Sustainable Development 共著 2014年11月 The Japan Journal, Vol.11, No.8 16  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 A New Model to Win the Majorities Game 共著 2013年11月 The Japan Journal, Vol.10, No.2 17  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 Orphan works: vitalization, modification, and creation of an international norm 単著 2012年6月 JIPLP, Vol.7, No.6, Oxford Journals 475-477  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 CSR as a Catalyst for Voluntary Transfer of Environment-Friendly Technologies? 単著 2010年8月 CSR Journal, ABA 21-22  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 環境技術の移転と知的財産を巡る国際情勢 単著 2010年8月 『知財研フォーラム』82号 2-9  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 営業秘密の国際的な受入・移転の促進にとっての障害事由の分析と克服策の展望 単著 2009年12月 公益信託マイクロソフト知的財産研究助成基金『助成研究報告書5巻』 33-37  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 知的財産担保を巡る国際規範形成の動向と今後の動向 単著 2008年10月 『知財管理』58巻10号 1249-1256  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 The Promotion of Cross-border Exchange of Intellectual Assets between China, Japan and Switzerland - The Case of Music and Trade Secrets 共著 2008年7月 RUIG/GIAN (ref. 095/Hishinuma) 1-12  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 孤児著作物問題を巡る議論について 単著 2007年6月 『知的財産法政策学研究』15号 299-340  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 著作権の登録による権利の帰属にかかわる一応の推定 単著 2007年3月 『知的財産法政策学研究』14号 257-280  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 国際規範としての無方式主義が及ぶ範囲 単著 2006年4月 『知的財産法政策学研究』12号 115-140  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 WIPO世界アカデミーにおける遠隔教育 単著 2006年4月 『コピライト』 No.4 1  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 Efforts against Cybersquatting 単著 2003年3月 Infosym: IT & Law Initiative, Vol.III, Symbiosis Law College 117-123  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 International Protection of Copyright Relating to E-commerce 単著 2003年3月 Mémoire, Institut universitaire de hautes études internationales de Genève (HEI) 1-71  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 Duty Bond 共著 2001年1月 Look Japan, Vol.46, Issue 539 22  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 A Dilemma for Managers: The Case of Japanese Firms 単著 1997年5月 Thesis, Harvard Law School 1-77  
 表示
要旨:
参照リンク:
資料 Electronic Commerce and Intellectual Property (DL-202E) 単著 2006年4月 Course material, WIPO Worldwide Academy  
 表示
要旨:
参照リンク:
資料 Intellectual Property on the Internet: A Survey of Issues 共著 2002年12月 WIPO/INT/02  
 表示
要旨:
参照リンク:
資料 特許庁の新政策の概要 単著 1991年10月 『通産省公報』 21-24  
 表示
要旨:
参照リンク:
翻訳 早稲田大学比較法研究所叢書40『知的財産の国際私法原則研究ー東アジアからの日韓共同提案ー』 共著 2012年12月 成文堂 125-202  
 表示
要旨:英訳
参照リンク:
翻訳 Commentary on Principles of Private International Law on Intellectual Property Rights (Joint Proposal Drafted by Members of the Private International Association of Korea and Japan) 共著 2011年3月 『季刊企業と法創造』7巻6号(通巻28号) 112-163  
 表示
要旨:
参照リンク:
翻訳 Strategies for R&D and intellectual property learned from case studies – keyword for strengthening technological competitiveness 単著 2009年6月 Int. J. Foresight and Innovation Policy, Inderscience, Vol.5, No.4 277-299  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Parallel Session 6D (Chair): Patents 共同 2021年3月 3rd IP & Innovation Researchers of Asia (IPIRA) Conference (Online)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Parallel Session 2C (Chair): Patents and Access to Medicines 共同 2020年2月 Second IP & Innovation Researchers of Asia (IPIRA) Conference  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Parallel Session 3G (Chair): Trade Secrets 共同 2019年2月 First IP and Innovation Researchers of Asia Conference  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Win-Win Sustainable Development of Human Assets Toward Global Challenges 共同 2014年8月 United Nations University (UNU)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Balance between Incentives for Innovation and Achievement of Sustainable Development 共同 2012年5月 United Nations University - Institute of Advanced Studies (UNU-IAS)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Transfer of Renewable Technologies to Developing Countries in View of the Private-Public Partnership (PPP) 共同 2011年10月 United Nations University - Institute of Advanced Studies (UNU-IAS)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 知的財産権保護に関する国際規範-孤児著作物問題の解決における位置付け- 単独 2011年5月 早稲田大学比較法研究所、国際著作権法・国際取引法合同研究会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Will Green Technology Package Platform (GTPP) Encourage the Transfer of Environmental Technologies? 共同 2011年5月 United Nations University - Institute of Advanced Studies (UNU-IAS)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 From 1710 to Cyberspace: Celebrating 300 years of copyright 単独 2009年6月 Association Littéraire et Artistique Internationale (ALAI)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Barriers to the Cross-Border Flow of Intellectual Assets: the Case of Trade Secrets and Music 共同 2009年4月 World Trade Institute (WTI)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 営業秘密と音楽著作権の国際的保護-日・中・瑞間を中心に- 共同 2008年3月 北海道大学21世紀COEプログラム  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Promotion of Cross-border Exchange of Intellectual Assets, Workshop 共同 2008年1月 GIAN/WIPO/UNCTAD Workshop  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 グローバル化する知的財産法制/International Symposium: Promotion of Cross-Border Exchange of Intellectual Assets 共同 2007年12月 GIAN/WIPO/Rikkyo University/Hokkaido University Symposium  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 知的財産権の国際的保護と国際機関の役割 単独 2004年10月 北海道大学21世紀COEプログラム  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Companies as Owners and Users of Works Protected by Copyright and Related Rights with Special Reference to Software Companies 単独 2004年6月 WIPO SME Seminar  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 この街の「準拠法」は如何にー普遍性と特殊性の交錯 単独 2018年12月 名古屋学院大学イベント  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 Vision for Postgraduate Legal Education in Japan 単独 2015年11月 Temple University  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 Issues of Orphan Works in Japan 単独 2012年10月 Seoul Copyright Forum  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 営業秘密の保護を巡る最近の国際情勢 単独 2010年7月 情報セキュリティ大学院大学特別セミナー  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 Possible Teaching Methods and Materials for Intellectual Property 共同 2006年2月 WIPO-Senshu University Workshop  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 著作隣接権の保護をめぐる国際情勢と日本への示唆 単独 2004年10月 芸団協セミナー  
 表示
要旨:
参照リンク:

 8 学外活動
 8-1 本学以外の機関(公的機関・民間団体等)を通 しての活動
就任年月 退任年月 機関名、役職名等
 8-2 学会・学術団体等の活動
種類 就任、受賞等年月 退任年月 内容(学会・団体名、受賞名、役職名等)

.