1 履 歴
フリガナ クロヤナギ ユキヒト 性別


1977年-月-日
氏名 黒柳 志仁 男性
ローマ字
氏名
Kuroyanagi Yukihito
所属 国際文化学部 職名 准教授
HPアドレス  
メールアドレス  yukihito@ngu.ac.jp
最終学歴・学位  2013年2月
ミュンヘン大学 神学研究科 旧約聖書学専攻 博士課程 修了 Dr.theol.(神学博士)
 系・分野・分科・細目表
 人文社会系
分野  人文学
分科  哲学
細目  宗教学
フリーキーワード  旧約聖書学 詩編 知恵文学

 2 学歴・学位
年月

事     項

1996年4月 神戸国際大学 経済学部 都市文化経済学科 入学
2000年3月 神戸国際大学 経済学部 都市文化経済学科 卒業 学士(経済学)
2000年4月 同志社大学大学院 神学研究科 組織神学専攻 博士課程前期 入学
2002年3月 同志社大学大学院 神学研究科 組織神学専攻 博士課程前期 修了 修士(組織神学)
2002年4月 同志社大学大学院 神学研究科 歴史神学専攻 博士課程後期 入学
2005年3月 同志社大学大学院 神学研究科 歴史神学専攻 博士課程後期 満期退学
2006年10月 ハンブルク大学 神学研究科 旧約聖書学専攻 博士課程 入学
2010年9月 ハンブルク大学 神学研究科 旧約聖書学専攻 博士課程 単位取得
2010年10月 ミュンヘン大学 神学研究科 旧約聖書学専攻 博士課程 編入学
2013年2月 ミュンヘン大学 神学研究科 旧約聖書学専攻 博士課程 修了 Dr.theol.(神学博士)

 3 職 歴
年月

事     項

2002年10月 同志社大学大学院 神学研究科 ティーチングアシスタント (2004年3月迄)
2013年7月 名古屋学院大学 非常勤講師 (2015年3月迄)
2015年4月 名古屋学院大学 国際文化学部 専任講師
2018年4月 名古屋学院大学 国際文化学部 准教授

 5 研究分野・内容
 5-1 研究分野・内容(記述式:350字以内)
旧約聖書学 詩編文学
キーワード: 
知恵文学 時間論 比喩 ヘブライ語解釈
 5-2 研究課題(今後の展開・可能性を含む)(記述式:350字以内)
研究課題1:
キリスト教と芸術
キーワード:
詩編と礼拝音楽 絵画とモザイク ルネサンス 宗教改革 バロック

研究課題2:
宗教と平和
キーワード: 
宗教多元社会 正義 聖戦 正戦

研究課題3:
フレデリック・チャールズ・クラインと名古屋英和学校
キーワード:
メソジスト ジョン・ウェスレー メソジスト・プロテスタント 敬神愛人 名古屋学院大学
 5-3 研究助成等
区分 年月 名称・題目・機関名等
学内 2016年4月 名古屋学院大学共同研究 「宗教と民族の対立・交流の現代歴史学」 研究分担者
学内 2019年4月 名古屋学院大学共同研究 「日本におけるキリスト教教育ー『敬神愛人』の系譜の探究ー」 研究分担者
科学研究費補助金 2017年4月 助成機関:文部科学省/日本学術振興会
研究課題/領域番号 : 17K18218
研究課題名 : 米国メソジストプロテスタント教派と明治期キリスト教系学校の理念
区分 : 若手(B)2017年04月01日~2021年03月31日
配分額 : 3,380千円 (直接経費 : 2,600千円、間接経費 : 780千円)
2020年度 : 650千円 (直接経費 : 500千円、間接経費 : 150千円)
2019年度 : 1,170千円 (直接経費 : 900千円、間接経費 : 270千円)
2018年度 : 910千円 (直接経費 : 700千円、間接経費 : 210千円)
2017年度 : 650千円 (直接経費 : 500千円、間接経費 : 150千円)
研究分野 : 宗教学 思想史
キーワード : 比較思想史
 5-4 資格・特許等
年月 名称
2000年3月 第一種教育職員免許状 (中学校社会科)
2005年7月 DSH (Deutsche Sprachprüfung für den Hochschulzugang ausländischer Studienbewerber)

 6 研究業績
 年度  種類  
種類 著書、学術論文、テーマ等の名称 単著、
共著等の別
発行又は
発表の年月
発行又は発表
雑誌等又は発表
学会等の名称
該当頁 PDF
著書 Vergänglichkeit des Menschen und Gottes Zeit, Die Theologie der Zeit in Psalm 90 im Vergleich mit Kohelet 単著 2013年2月 LMU München, Diss.  
 表示
要旨:人間のはかなさと神の時間 詩編90編とコヘレトの言葉における時間の神学
参照リンク:
学術論文 詩編とコヘレトの言葉における「永遠」について 単著 2017年7月 名古屋学院大学論集 人文・自然科学篇 第54巻 第1号 47-59  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 詩編における怒りについて 単著 2017年3月 名古屋学院大学論集 言語・文化篇 第28巻 第2号 57-70  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文 思い出の中にある将来 ―ユダヤ民族の歴史と詩編90編の時間性― 単著 2016年3月 名古屋学院大学論集 言語・文化篇 第27巻 第2号 73-85  
 表示
要旨:
参照リンク:
学術論文:研究ノート 1884年初週祈祷会におけるF.C.クラインの説教 共著 2019年1月 名古屋学院大学論集 人文・自然科学篇 第55巻 第2号 195-211  
 表示
要旨: 鹿鳴館時代が始まった1883(明治16)年)初頭,横浜でリヴァイバル(信仰覚醒)が起こり,その後多くの日本人が洗礼を受けた。日本でキリスト教に注目が集まるなか,同年9月,メソジスト・プロテスタント教会の宣教師F.C.クライン(Klein, Frederick Charles. 1857-1926)とその妻メアリー(Klein, Mary Elizabeth. 1861-1958)は来日した。翌1884(明治17)年の初週祈祷会は,リヴァイバルの影響下で開催された。本稿では,同祈祷会で唯一内容が明らかとなっているF.C.クラインの説教を全訳し,本学の建学の精神「敬神愛人」を追求する。
参照リンク:
口頭発表:研究発表 ヨーロッパ社会における脱宗教(ライシテ)について 単独 2018年6月 宗教と民族の対立・交流の現代歴史学的研究(名古屋学院大学課題共同研究助成)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 人はいつ「ひとつ」になるのか― キリスト教概念の変遷史 ― 単独 2016年11月 名古屋学院大学経済研究会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 人間のはかなさと神の時間 ― 詩編90編の時間性について ― 単独 2013年11月 日本旧約学会  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Vergänglichkeit des Menschen und Gottes Zeit in Psalm 90 単独 2011年12月 Universität München, Forschungskolloquium zum Institut für Altes Testament  
 表示
要旨:詩編90編における人間のはかなさと神の時間
ミュンヘン大学旧約聖書研究所主催 参加者17人 発表時間40分 討論50分 発表言語 ドイツ語
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Die Theologie der Zeit im Alten Testament 2 単独 2011年10月 Universität Halle, Sozietät für Systematische Theologie  
 表示
要旨:旧約聖書における時間の神学2
(2日間開催 参加者14人 発表者7人 各発表時間40分 討論20分 発表言語 ドイツ語)
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Die Theologie der Zeit im Alten Testament 1 単独 2011年4月 Universität Halle, Sozietät für Systematische Theologie  
 表示
要旨:旧約聖書における時間の神学1
ハレ大学神学部組織神学研究会 2日間開催 参加者22人 発表者7人 各発表時間40分 討論20分 発表言語 ドイツ語)
参照リンク:
口頭発表:研究発表 Die Zeitvorstellungen in Psalm 90, Zur Bedeutung von יום in Psalm 90 und Kohelet 3 単独 2010年2月 Universität Hamburg, Forschungskolloquium zum Institut für Altes Testament  
 表示
要旨:詩編90編の時間イメージ、詩編90編とコヘレトの言葉3章のיום「日」の意味について。
(ハンブルク大学旧約聖書研究所主催 参加者18人 発表時間40分 討論50分 発表言語 ドイツ語)

参照リンク:
口頭発表:研究発表 Zur Bedeutung von עולם in Psalm 90 単独 2008年7月 Universität Hamburg, Forschungskolloquium zum Institut für Altes Testament  
 表示
要旨:詩編90編におけるעולם「永遠」の意味について
(ハンブルク大学旧約聖書研究所主催 参加者23人 発表時間40分 討論20分 発表言語 ドイツ語)
参照リンク:
口頭発表:講演 「世界の時事問題と宗教」(1~6月全6回) 単独 2021年1月 栄中日文化センター [宗教・思想]春期講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 異なるものに目を向ける 申命記6章4~5節 単独 2020年7月 CBCラジオ「キリストへの時間」  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 「世界の時事問題と宗教」(4~9月全6回) 単独 2020年4月 栄中日文化センター [宗教・思想]春期講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 「芸術の秋―絵画と建築から読み解くキリスト教文化」(全3回) 単独 2019年10月 名古屋学院大学シティカレッジ 名古屋まちなかカフェ講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 「宗教と平和~時事問題から宗教を学ぶ~」(10~3月全6回) 単独 2019年10月 栄中日文化センター [宗教・思想]秋期講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 「キリスト教文化と音楽」(4~9月全6回) 単独 2019年4月 栄中日文化センター [宗教・思想]春期講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 F.C.クラインと「敬神愛人」 単独 2018年11月 教職員宗教研修会(名古屋中学・高等学校クライン・メモリアル・チャペル)  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 「宗教と平和~比較宗教の視点から学ぶ~」(10~3月全6回) 単独 2018年10月 栄中日文化センター [宗教・思想]秋期講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 「キリスト教文化と音楽の関わり」(全3回) 単独 2018年10月 名古屋学院大学シティカレッジ 名古屋まちなかカフェ講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 思い出の中にある将来 詩編143編5~6節 単独 2018年7月 CBCラジオ「キリストへの時間」  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 「宗教と平和~比較宗教の視点から学ぶ~」(4~9月全6回) 単独 2018年4月 栄中日文化センター [宗教・思想]春期講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 キリスト教を概観する「詩編について学ぶ」(1/4回) 単独 2017年11月 名古屋学院大学シティカレッジ 名古屋まちなかカフェ講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 ボンヘッファーの「安価な恵み」と「高価な恵み」(1/3回) 単独 2016年11月 名古屋学院大学シティカレッジ 名古屋まちなかカフェ講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
口頭発表:講演 旧約聖書とパウロ(1/4回) 単独 2015年11月 名古屋学院大学シティカレッジ 名古屋まちなかカフェ講座  
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 中日新聞 栄中日文化センター講座案内 世界の時事問題と宗教 単著 2021年1月 中日新聞 2021年1月25日夕刊(市民版)  
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 中日新聞 栄中日文化センター講座案内 世界の時事問題と宗教「名古屋・栄中日文化センター さあ新年 何を始めよう」 単著 2020年12月 中日新聞 2020年12月21日夕刊(市民版)  
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 中日新聞 栄中日文化センター講座案内 世界の時事問題と宗教「名古屋・栄中日文化センター 楽しむこと 元気のもと」 単著 2020年11月 中日新聞 2020年11月20日夕刊(市民版)  
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 中日新聞 栄中日文化センター講座案内 世界の時事問題と宗教 単著 2020年7月 中日新聞 2020年7月20日夕刊(市民版)
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 プロセスをプライドにする 単著 2020年4月 名古屋学院大学 キリスト教センター 『麥粒』No.135
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 中日新聞 栄中日文化センター講座案内 宗教と平和―時事問題から宗教を学ぶ― 単著 2019年10月 中日新聞 2019年10月21日夕刊(市民版)
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 F.C.クラインと「敬神愛人」 単著 2019年3月 チャペルブックレット No.22 名古屋学院大学宗教部/キリスト教センター
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 中日新聞 栄中日文化センターだより 単著 2018年2月 中日新聞 2018年2月25日朝刊(市民版)
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 F.C.クラインの説教と敬神愛人 単著 2016年4月 名古屋学院大学 キリスト教センター 『麥粒』No.127
 表示
要旨:
参照リンク:
その他 Besuch im Zentrum des Religionsstreits, Japan/ Was fasziniert japanische Protestanten an der Reformationsstadt Zürich? Eine Gruppe Studierender aus Kyoto begab sich auf Spurensuche. 共著 2014年3月 Evangelisch-Reformierte Zeitung für die deutsche und rätoromanische Schweiz
 表示
要旨:同志社大学神学部スタディツアー「スイス、ドイツの宗教改革」同行の際に掲載された新聞記事(スイス)
参照リンク:

 8 学外活動
 8-1 本学以外の機関(公的機関・民間団体等)を通 しての活動
就任年月 退任年月 機関名、役職名等
 8-2 学会・学術団体等の活動
種類 就任、受賞等年月 退任年月 内容(学会・団体名、受賞名、役職名等)
学術団体等 2013年11月 日本旧約学会
学術団体等 2014年10月 日本基督教学会
学術団体等 2014年10月 京都ユダヤ思想学会

.